建学の精神

  • 「敬和」人を敬い 人と和する
  • 「温順」おだやかで すなおに
  • 「質実」かざりけなく 誠実に

教育理念

  • (1) 専門の学芸を教授し、幅広く深い教養及び総合的な判断力を培い、職業又は実際生活に必要な能力を育成する。
  • (2) 建学の精神に基づく豊かな人間性の涵養とともに、他者から信頼と期待される有為な社会人を育成する。

教育目的

  • (1) 生涯学習社会における教育者・保育者として必要な資質・能力を高めることにより、教育・福祉の振興に寄与できる人材を養成する。
  • (2) 自他の人格を尊重し、誠実で品性ある人間性と社会性を高め、良好な人間関係を形成できる教育者・保育者を養成する。

教育目標

時代の変化に対応する教育・保育に関する理解を深め、幼稚園教諭及び保育士として期待される資質、能力の育成を図るための専門的知識及び技術を習得する。

(1) 幼稚園教諭として培う資質、能力

幼稚園教諭は、幼児を理解し、活動の場面に応じた適切な指導を行う力を持つことが重要であり、家庭との連携を十分に図りつつ、教育を展開する力などが求められている。

具体的には、幼児を内面から理解し、総合的に指導する力、保育を構想する力、実践力、得意分野の育成、教員集団の一員としての協働性、特別な教育的配慮を要する子どもを指導する力、小学校や保育所との連携を推進する力、保護者及び地域社会との関係を構築する力を育成する。

(2) 保育士として培う資質、能力

保育士は、養護と教育が一体となった乳幼児の保育及び保護者に対する保育に関する指導を行うとともに、地域の子育て支援の中心的存在として、乳幼児の福祉を積極的に増進する役割が求められている。

具体的には、乳幼児の最善の利益を考える保育観、心身ともに健康、安全で情緒的安定を保障できる力、発達の理解と育ちを支える保育技術、保護者に対する子育てについての支援力、地域や関係機関と連携できる力、乳幼児への大きな影響力を認識し研鑚に励む態度を育成する。